« サバイバル能力 | トップページ | 痛みをコントロールするゲート »

骨盤を正常に保つ大腰筋

「大腰筋」って、知っていますか・・・

上半身と下半身を結んでいる筋肉のことで

脊椎から左右に出て

腰の上下に走り

両足の付け根の大腿骨までをつなげています

この大腰筋は、

太ももを上げたり、背骨の自然なS字のカーブを支えて、

お尻の筋肉を引き上げたり

骨盤の位置を正常に保つ重要な筋肉です

当然、

加齢と共に、衰え、便秘や血行不良、むくみ、冷え性などを

引き起こす要因にもなっていると言われています

逆に、大腰筋を鍛えると

骨盤位置が正常になって姿勢がよくなり

下半身の血行が良くなり

圧迫されていた神経も元に戻ります

その大腰筋を鍛える方法は、簡単で

踏み台を上がり下りしたり

太ももを水平に上げる水平足踏み

また、自転車漕ぎなどでも効果があります

一度、試されてみたら

健康維持にも繋がることでしょう。

「骨盤ウォーカーベルト」

|

« サバイバル能力 | トップページ | 痛みをコントロールするゲート »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464957/33687069

この記事へのトラックバック一覧です: 骨盤を正常に保つ大腰筋:

« サバイバル能力 | トップページ | 痛みをコントロールするゲート »