« 身体の過信 | トップページ | 排尿 »

痴呆症

ご訪問と応援のポチ、ありがとうございます。

     感謝!

★人気ブログランキングへ★

昨日の、とある番組の長門裕之さんと南田洋子さんを

見させていただきました

痴呆症に罹っておられる南田さん、その洋子さんを

介護されている長門さん、ほんとに、「老い」とは、を

再度、考えさせられますね

そこで、痴呆症について・・・

細胞には、生殖細胞と体細胞があり

生殖細胞は、無制限に分裂することができるが

一生の間に60~65回位しか分裂しないといわれている

体細胞とは、骨・筋肉・内臓や脳といった身体を構成する

各組織・各臓器を作っている細胞のことで、その60~65回程

分裂する時、すなわち遺伝暗号のコピーを重ねていくうちに

少しずつズレが大きくなっていき

元の遺伝暗号と違ったものになり、その為

細胞の中で異常なタンパク質や酵素が合成され

その細胞は、もう、自分を保っていられなくなり

それ以上分裂しなくなって、死滅するという訳で

どんどん減少して来ます

脳細胞も、30歳を過ぎると少しずつ死滅し始め

こちらは、生まれたときから分裂増殖しないので

減り始めたら減る一方なので、程度が進むとボケて来て

アルツハイマーという痴呆症になってきます。

そうならないためにも、確証は定かでありませんが昼寝の励行

和食、ビタミンE・C等が良いと言われています

50歳も過ぎれば、結構、比率も高くなって来るらしいです

そうならないように、頑張らなくてはと、思う今日この頃です

★人気ブログランキングへ★

     感謝!!

☆知識の小窓☆
貸し倉庫、レンタルトランクルーム
フリンジブーツが大人気
ミニストップでバイト
かぼちゃ、大好き!料理と栄養
牛トロフレーク

|

« 身体の過信 | トップページ | 排尿 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464957/25027749

この記事へのトラックバック一覧です: 痴呆症:

« 身体の過信 | トップページ | 排尿 »