« 自己の体質を知る | トップページ | 肩こり »

和漢三才図会

ご訪問と応援のポチ、ありがとうございます。

  ↓ ↓ ↓     感謝!

★人気ブログランキングへ★

『和漢三才図会』

『(正徳2年)頃出版された日本の類書(百科辞典)で

編集者は大阪の医師寺島良安、師の和気仲安から

「医者たる者は宇宙百般の事を明らむ必要あり」

と諭されたことが編集の動機で、中国の『三才図会』を範とし

編集したとのこと、いわば、絵入りの百科事典であります。

各項目には和漢の事象を並べて考証し、図が添えられていて

本文は漢文で解説されています』

今で言う、この百科事典によれば

五臓六腑には疲労から回復する為の時間があるそうで

特に、肝心要な『腎臓』の時間は、午後11時~午前1時

の間だと言われており、午前0時以前に寝るのと

以降に寝るのとでは、全然疲れの取れ方が違う

といわれています

私達の身体は腎臓が元気ならば肝臓も元気になるように

出来ていて、少しでも身体の具合が悪い時とか

疲れたなぁと感じた時は、食事は腹六分程にして

早く寝ることで、胃腸もしっかりと休むことが出来

それが、腎臓・肝臓・胃腸に一番良いことになり

体調もすこぶる良くなってくるということです。

★人気ブログランキングへ★

    ↑ ↑ ↑  感謝!!

|

« 自己の体質を知る | トップページ | 肩こり »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464957/23121708

この記事へのトラックバック一覧です: 和漢三才図会:

« 自己の体質を知る | トップページ | 肩こり »