« ダンピング症候群 | トップページ | 胃切除手術後の食事 »

ダンピング症候群 【2】

ご訪問と応援のポチ、ありがとうございます。

  ↓ ↓ ↓     感謝!

★人気ブログランキングへ★

ダンピング症状には、押さえつけられるような

腹痛、嘔吐、めまい、冷や汗、倦怠感

動悸、ほてり、顔面紅潮等色々ですが

これは、胃が切除されているので

食べた物の胃内停留時間が短いか

全然停留しなくて、一気に腸に落下

する事によって起こっています

食後30分以内に症状が出るのを

早期ダンピング症候群と言われ

2~3時間後の空腹時に出るのを晩期

ダンピング症候群と言われていています

早期の場合は、余り糖質を取り過ぎないよう

逆に、晩期の場合は糖質が不足しないよう

注意したほうが良いようです、というのも

空腹時の低血糖から引き起こるガス欠

のような状態になっていますので

食事と食事の間食として、甘いもの(あめ・

果物・ジュース等)を口にするよう心がけると

大分ましに成るようです。

★人気ブログランキングへ★

    ↑ ↑ ↑  感謝!!

|

« ダンピング症候群 | トップページ | 胃切除手術後の食事 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464957/20698120

この記事へのトラックバック一覧です: ダンピング症候群 【2】:

« ダンピング症候群 | トップページ | 胃切除手術後の食事 »