« ご無沙汰いたしました | トップページ | ダンピング症候群 【2】 »

ダンピング症候群

ご訪問と応援のポチ、ありがとうございます。

  ↓ ↓ ↓     感謝!

★人気ブログランキングへ★

胃切除手術後は、当然、胃の面積が

小さくなっていますので、一度にたくさん

食べられなくなると言われていましたが

私の場合は、術後二十日位から普通の人と

変わらない位の量は食べられたのですが、唯

その直後、大変苦しみました(以前の感覚で

食べてしまい、つい、早食いになり)・・・・・

と言うことは、食欲をコントロールする脳の中枢の

満腹センサーが働く前に食べ終わっており・・・・・・

昔、食事の時いつも母親から「良く噛んで食べなさい」

と言われていたことの大切さを思い出します

特に、術後はダンピング(食べた物が腸に一気に落ちる)

症状が起こりますので、尚の事、良く噛んで

唾液を十分に混ざり合わせ、腸の負担を軽くする事が

重要なポイントになっていることを、食後の苦しみから

学びました。手術・未手術関係なく、良く咀嚼する

〔30回は噛む〕ことだと言えます。

★人気ブログランキングへ★

    ↑ ↑ ↑  感謝!!

|

« ご無沙汰いたしました | トップページ | ダンピング症候群 【2】 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464957/20676791

この記事へのトラックバック一覧です: ダンピング症候群:

« ご無沙汰いたしました | トップページ | ダンピング症候群 【2】 »