« 早歩き | トップページ | 良く効く薬 »

薬の種類と量

ご訪問と応援のポチ、ありがとうございます。

  ↓ ↓ ↓     感謝!

★人気ブログランキングへ★

身近にお年寄りが居られたら、それとなく

常に、飲まれている薬を一度ご確認してあげてください

ご老人は何かと多くの病気を抱えていますので

どうしても、薬の種類も多くなりがちです

私の母も、ご多分にもれず、その中の一人で

多種類の薬を丁寧に、日毎に分けて、肌身離さず

持ち歩いています

一般的に、老人の場合、薬を代謝したり排泄したり

する機能も低下していますので、薬による副作用も

出易くなります、例えば、よくある例として

めまい止め・吐き気止め・胃腸薬等が原因で

動作が鈍くなったり、歩行があやしくなるケースも

また、睡眠薬や鎮静剤、脳代謝改善剤等が

かえってボケを増強させるケースもありますので

なんとか、薬の数・量を減らしてあげられるよう

(大概のお年寄りは

      クスリの数が減るのを、大変、嫌がりますが)

何が優先して飲まなければならない薬か 

と、これ以外は今は、飲まなくていいよと納得させて

あげられるように、してあげられたら良いですね。

★人気ブログランキングへ★

    ↑ ↑ ↑  感謝!!

|

« 早歩き | トップページ | 良く効く薬 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464957/10778092

この記事へのトラックバック一覧です: 薬の種類と量:

« 早歩き | トップページ | 良く効く薬 »